開業から1年半が過ぎました!(^^)!

a0355790_07583205.jpg
a0355790_07582488.jpg
本日は・・・開業から共に歩んできた当院のシンボルマークのロゴの誕生を解説をします。
青い縁取りは広い大地の北海道にも見えますが、大腸の形を表現してますのでおなかを!ピンクの丸みはおしりをイメージしています。デザイン的にも当院自慢のロゴです!その考案者は・・・実は高校生(当時)でした。
まさか高校生が!!とびっくりされた方もいらっしゃると思います。おそらく、将来はデザイナーを目指しているのか?とも思いましたが、院長知人のお子さんで普通高校に通う学生でした。
元を正せば、院長自身がロゴを考えていたらしいのですが・・・院長のデザイン画を元に??画質を改良??やり直し?元の原画をお見せできないのが残念ですが・・・活字で表現すると、お尻からクネクネと大腸が飛び出して、樽見のTというアルファベットと描いたものでした。古いのですが・・・漫画まことちゃんの作者楳図かずおの画風に似ていましたので、グロテスクというか斬新というか・・・・結論は却下となってしまったようです((+_+))

何はともあれ・・・・1年半で新患者様5500名を越えました。
予約制ではありますが、日帰り手術は1600件を越える事が出来ました。
胃・大腸内視鏡検査につきましては、麻酔をすることなく(若きしの33歳~現在に至るまでの20年間で延べ16000件)行っており、定期検査で毎回来られる患者様も多く、延べ数としてはかなりものだと思います。
院長一人で診察・手術・内視鏡と二刀流?三刀流で頑張っております。長い待ち時間が生じておりますが・・・
患者様からは「先生は大大丈夫なの?」とか、「忙しそうだよね」とか心配と労いの声を頂き、感謝の気持ちを胸に頑張っております。
土曜、日曜日も休まず、週に1度のお休みもゆっくりとできない状態です。院長自らがこのような姿勢で企業努力に努めており職員を引っ張っております。また、プロ意識が高い職員は、いかに要領良く働くかを念頭に置き、コストの削減にも努力・協力を惜しまず、同線の短い簡潔的な仕事をしています。恥ずかしながら、私は臨床から離れていた期間があり、口で言うのは簡単ですが、現場で働くとなると足を引っ張っていると思います。そんな状態ですが、忙しい中職員はそっと補足・訂正してくれてます。ありがたい限りです。年齢的にも物覚えも悪く思い出すのは昔、昔のことばかりです。ジェネリック薬品はもちろんの事ですが、最近の薬剤名はわからず紙媒体で調べる毎日です。院長が職員を引っ張り、師長の私が職員の足を引っ張ってる感じなのかな😢
「手柄横取り」と世の中では色々と悔しい思いをしている人(私のかつての同僚〇〇さんも!)が沢山いると思いますが、優秀なゆえに横取りされるのであって・・・(笑)
私の場合・・・敏腕な師長ではないので、職員がそっと自然に手柄を渡してくれているのがわかります(涙)
当院長は善人で誰にでも優しい方ですが・・・仕事となると師長の私には少し(いや、結構)厳しいのですが、反論出来ません。それは、院長が注意する時は100%の確証を持って注意するからです・・・自分自身が悪いんでしょうがないんです(*´Д`)ということで、ご存知の通り仕事は甘くはないということです・・・。最後に、クリニックのブログを私物化してしまいましたが・・・
また、次回お会いしましょう ^^) _旦~~



[PR]
by tarumi-k-cl | 2017-08-18 08:05 | Comments(0)